TOPへ
  • english
  • francais
  • blog
  • お問い合わせ
  • 江戸小紋とは edo-komon
  • 松綱染工所とは matsutsuna
  • 松綱の品質 quality
  • 新たな江戸小紋の世界 new edo-komon world
  • 会社案内 company info

武士の裃がルーツ

 江戸小紋のルーツは武士の礼装として知られる裃(かみしも)にあります。江戸時代、将軍家を筆頭に各藩は競って特定の柄を定め、シンボルとしました。将軍家の「御召十」、加賀前田家の「菊菱」、薩摩島津家の「大小霰」などが有名で、こういった柄は江戸小紋の伝統柄として、今もよく使われます。

 一見すると地味、だがよく見ると溜め息の出るような趣向――。江戸小紋の気品は、武士のおしゃれのたしなみから来ているのです。

 江戸中期になると、庶民の間でも着物や羽織に小紋を染めるのが流行り、動植物などを抽象化した粋な柄が数多く生まれました。

 また、縁起をかついだ「七福神」「宝づくし」などといった遊び心のあるものもあり、こういった柄も今に伝えられ、江戸小紋柄のバリエーションとして、選ぶ際の楽しみとなっています。