TOPへ
  • english
  • francais
  • blog
  • お問い合わせ
  • 江戸小紋とは edo-komon
  • 松綱染工所とは matsutsuna
  • 松綱の品質 quality
  • 新たな江戸小紋の世界 new edo-komon world
  • 会社案内 company info

伝統工芸士砂川健一の世界

昭和14年東京浅草生まれ。
30年代半ば、四代目になって以来、時代を見越し、伝統の技術・技法を継承しつつも創意工夫を重ね、独自の染色技術を確立してきた。平成2年に通産大臣より伝統工芸士に認定され数々の賞を受賞して来たが、本人は「賞に入る作品より、巷に受ける新しい感覚の作品を作りたい」と。平成19年他界。

四代目が伊勢形紙に残した言葉

中小企業庁長官賞作品『超極鮫に雪輪』

昭和14年
東京浅草に生まれる
昭和33年
早稲田大学入学
昭和35年
同大学を中退。厳父三代目松綱・砂川勝馬の意志を継ぎ、江戸小紋染色の道を志す
昭和61年
東京都染色工業協同組合理事に就任
(昭和63年まで在任)
平成2年
通算大臣より伝統工芸士に認定される
平成4年
新宿区長より江戸小紋染色伝統技能功労者賞受賞
平成6年
伝統的工芸品産業振興協会より
伝統的産業功労者賞受賞
東京都染色工業協同組合小紋部役員(運営委員)に
就任(平成12年まで在任)
平成9年
全国小紋友禅染色競技会において
通商産業省生活産業局長賞 受賞
平成10年
第一回日本伝統工芸士会作品展入選
関東通商産業局長より功労賞受賞
平成12年
日本伝統工芸士会より功労賞受賞
平成13年
全国伝統的工芸品産業振興協会主催の公募展において
伝統的工芸品振興協会会長賞受賞
関東伝統工芸士会より功労賞受賞
平成14年
第51回全国小紋友禅染色競技会において
中小企業庁長官賞受賞
平成18年
全国伝統的工芸品公募展において生活賞受賞

財)伝統的産業振興協会会長賞作品『江戸小紋振袖 花結び』